FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念予想。

いよいよ有馬記念。

ストレートに予想で、いきます。
◎トーセンジョーダン
○オウケンブルースリ
▲ネヴァブション
☆エイシンフラッシュ
△ブエナビスタ
△ヴィクトワールピサ
△フォゲッタブル
×(3連係抑え)ペルーサ

最後の最後、ペルーサを切った。いくらなんでも2番人気はない。
単勝オッズ10倍は無いとおかしい。

JCの上位馬が上位を占めると思いきや、どっかから穴が飛んでくる有馬記念。
何故か。それは以下の理由が挙げられる。

・中山というコースが特殊。
中山2500mは競馬のコースでは最もクセがあり、小回りでコーナーを6回周り最後に坂がある。
このコースにはとある独特の走り方が有利で、俗に「中山巧者」と言われる。
代表格がマツリダゴッホ。JC大敗で9番人気から圧巻の勝利をかました記憶は新しい。
去年の覇者ドリームジャーニーもまさに中山巧者と言える。

多くの馬が中山経験が無かったりするため、初出走での能力が問われるが
基本的に耐久力のある馬(長距離レースに強い馬)が向いてると言われてるので菊花賞で健闘した馬が来やすい。

そうなると
・オウケンブルースリ(08年菊花賞馬)
の候補が上がる。

フォゲッタブルも前年菊花賞2着(さらに去年有馬記念外枠で4着)
なので期待値は高い。

次に、
・馬が疲れている
これが強い。毎日王冠・天皇賞(秋)・JCと使い詰めだと、馬の疲労度が上がる事が容易に想像できる。
JCは最後死力を尽くすレースとなるので、その代償はかなり大きい。
そして全馬JCにピークを持ってくるので、有馬記念は基本ピークを過ぎた後。
惰性で出馬する中、他の状態面最高の馬に差される…ということがよくあるのが有馬記念。だから荒れやすい。

そんなわけで、一番レース間隔を開けている馬が期待できる。
それが、トーセンジョーダン。
アルゼンチン共和国杯を素晴らしいタイムで勝ち抜けた後、JCを回避してこちらへ。
どうやら本気でGⅠを狙いに来たと見える。
過去クラシック候補と言われた時代を骨折で棒にふり、ようやく本格化した。
4歳のクラシック馬達よりは余程期待できるのではと思う。

又、菊花賞を回避してJCをそれほど「叩かなかった」エイシンフラッシュ。
期待はできる。最後の直線で死力を尽くさず追い込まなかった事が体力を残しているのではと思わせる。
皐月の状態不全の状態で出走して3着を死守できるあたり中山でローズに負けることは無いだろうと思っていた(ローズ回避しちゃったけど)

続いて恐怖の中山巧者ネヴァブション。
まさかここまで人気しないとは。今年ほとんど5着以内、中山重賞勝ちと普通に穴馬要素沢山なのに。。
内枠引いたし、これは一発あるんじゃないか??

あと、オウケンブルースリがここまで評価上がったのは騎手。横山典弘は中山長距離最強。
普通にこのレースに臨んだらオウケンは100%負ける。スローペースに飲まれたら勝ち目が無いことはわかっているはず。
その状況で横山騎手がそのまま流れに乗るとは思わない。
一発逆転「横ノリ騎乗」に期待しよう。

以上。年末大勝負、行きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TOHO CLOCK
密かに参加しました。バドアポのアレンジのアレンジの曲と朝・昼・晩で微妙に違う動画、あとゆっくりレミリアかどうかも怪しい生物がいるやつが俺のです。
カテゴリ
プロフィール

いぎりす

Author:いぎりす

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。