FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念。

どうも、生放送の調子が悪い。

ミキサーから音が出なくて生放送で予想ができないので断念。


ちょっと新しい環境を秋までに構築しますね。今のままじゃ駄目だ。




宝塚記念、阪神競馬場で勝負してきます。
言わずもがなの名馬vs最近くすぶってきた古馬組vsGⅠ初参戦組となかなかおもしろい構図。

良馬場ならば中々面白い闘いとなりそうだ。

個人的にはわりと勝負できる舞台かもしれないと思えてきた。


なので、切る馬はバッサリと行く。

まずオルフェーヴル。正直、立て直しは微妙と判断。来たら負けだと腹括る。
ここはもう予想というか、ただのギャンブルですがw

ここまで不安視されてたら逆にイヤなんですけどね。

もう馬が実力を出せるか出せないかという予想の域は素人の予想域を超えている。なら見返りがでかいほうで。

勝ったら勝ったで清々しく三冠馬の復活を祝いましょう。
願望込めて今回の本命馬との馬連だけは押さえておく。

次にルーラーシップ。去年と同じ。去年の調子より海外帰りでマイナスならば、今年買う理由もない。

ビートブラックも流石に。ネコパンチは100円だけ抑えるw

アーネストリーも逃げられないようだし、去年ほどの状態は無いと見るから切り。


こっから抑え。

エイシンフラッシュは去年見てる感じだとルーラーシップよりは小回り適性もあるし来る可能性はある。
ただ久しぶりの内田騎手、果たして折り合いよく走れるか。状態面も海外帰りで積極的にはいけない。

マウントシャスタは流石に……とは思うが53kgの一発が少しだけ怖い。

ホエールキャプチャもココを選んできたことが怖い。長距離適性もそれなりにあるし不気味。

ヒットザターゲットは内枠をゲット。小回りは向く、ただし阪神の急坂がどうか?今まで避けて使っていただけに、かなり不安ではある。唯一走った中山のレース大敗だし……。

こっからが本線ゾーン。

ショウナンマイティは怒涛の末脚を披露。

相手関係が上がるもののやはり期待値はかなりある。菊花賞でも本命にした馬、勢いある浜中騎手とともに一発あるか。
しかし直線が短いのがなんとも…。曲がりつつでベストな競馬ができるか。前走のようにまくればいいが。


トゥザグローリーは本来の力があれば一番向いている。

「夏負け」と言われているが去年はかなりめちゃくちゃなローテを使っていた。
重賞に何回も出走し、春天を無茶苦茶に走ったらそりゃバテるだろ。
去年に比べて今年は春天も使わず、着実にココに合わせた。
「中穴時の福永騎手」もプラス。
あとは本当に夏負けしてなければいいが。厩舎が厩舎だから信用ならんなぁ…。


ウィンバリアシオンは本命どころでは一番信用できる。

騎手が岩田騎手、どんなレースも追い込んでくる根性は立派、ネコパンチに負けた日経賞でルーラーシップに勝った事も評価できる。
この馬のポイントは春天の消耗度だろう。
キチンと戻っていれば、初のGⅠは近いぞ。


本命はフェデラリスト。
大阪杯でショウナンマイティにやられたものの、先行からきっちり2着を確保したのは立派。
むしろ後方一気に負けただけでオッズ的に目立たなくなったと喜ぶべき。

今、阪神2200m小回りは内がしぶとく残っていて4角後方から一気に行く馬は捲れないように思う。
仮に一頭・二頭が詰めてきてまくったとしても3着は期待できるのでは、と思う。

本命どころが後方に詰まる中、好位から行ける点もプラス。ショウナンマイティに逆転はできる。



◎フェデラリスト
○ウィンバリアシオン
▲トゥザグローリー
☆ショウナンマイティ

△ヒットザターゲット
△マウントシャスタ
△エイシンフラッシュ
△ホエールキャプチャ
△ナカヤマナイト

切り オルフェーヴル
切り ルーラーシップ
頑張れ ネコパンチ

4つ巴で決まって欲しいという願望。
◎~○▲☆~印というところでしょうか

ヨシトミ先生のナカヤマナイトが理由に無い恐怖。ナカヤマフェスタの再来な気がしてしかたない…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TOHO CLOCK
密かに参加しました。バドアポのアレンジのアレンジの曲と朝・昼・晩で微妙に違う動画、あとゆっくりレミリアかどうかも怪しい生物がいるやつが俺のです。
カテゴリ
プロフィール

いぎりす

Author:いぎりす

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。